大学統合ウェブサイト試案

Pocket

数年前に会社で「ラボラトリーズ」という商品をリリースした。大学の研究室向けに作ったCMS(サイト管理システム)で、研究室のウェブサイトとして最低限必要な研究テーマ、研究業績、スタッフ紹介などはデフォルトで入力フォーマットが用意されており、そこに入力すれば最低限のサイトが簡単に公開できるというものだ。

大学研究室・ゼミのポータルサイト「ラボラトリーズ」

大学のウェブサイトというのは、大学本体、学部・学科はそれぞれ広報予算で作られるが、研究室については、それぞれの研究予算から捻出して作られることが多い。そうすると当然、作るところと作らないところが出てくるし、作ったものもデザインと内容はバラバラで、ユーザー側からするととても不便だ。ためしに、どこかの大学の各研究室でどういう研究をしているのか見てみるといいが、まず研究室のサイトがどこにあるか見つけることから苦労するだろう。学部・学会からリンクされていることもあるし、研究者データベースからリンクされているところもある。また、見つけたとしても、情報は集約されておらず、何百もあったとすると、全体をざっと把握するのに何時間かかるかわからない。そういう状況なのだ。

この「ラボラトリーズ」というのは、たんにウェブサイトが簡単に作れるというだけではなく、情報を集約することができるので、それぞれのニュースをまとめて時系列で表示したり、研究テーマだけを抜き出したりすることが可能だ。

で、当初の構想としては、大学内の研究室をまとめるだけではなく、全国のすべての研究室をまとめたいと思っていた。そうすれば、どういう研究がどこの大学で行われているのか、似たような研究をしている研究者はいるのか、などがわかるようになる。だけど、ビジネス的な理由から、この構想は頓挫してしまった。だけど、システムとしてはいまも有効だし、利用してもらっている研究室もたくさんある。

さて、このアイディアは、研究室だけではなく、大学全体でも使えるものだと思っている。文部科学省が「ユニバーシティーズ」のようなプラットフォームを立ち上げて、すべての大学のウェブサイトを統合してしまうのだ。各大学の広報予算も削減できるし、事務コストも下がるだろう。もちろんユーザーにとってもメリットは大きいだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です