Google検索がいらなくなるとき

Pocket

かつてサン・マイクロシステムズのCTO、グレッグ・パパドポラスは「世界にコンピューターは5つあればいい」(The World Needs Only Five Computers)と言ったそうだ。

1つはグーグル。もう1つはヤフー。それにアマゾン、マイクロソフトのlive.com、セールスフォース、イーベイあたりを加えれば、もうほかに地球上にコンピュータなど不要になるだろう、というのがパパドポラス氏の主張だ。(@IT「世界に“コンピュータ”は5つあれば足りる」)
http://www.atmarkit.co.jp/news/analysis/200707/30/computers.html

パパドポラスが言うのは基幹的なシステムだが、私のウェブサイト不要論も発想は同じである。それぞれが同じようなことを別々にするのは明らかに非効率だし、情報として使いにくい。いまはバラバラの情報をGoogleが検索エンジンで束ねている状況だが、現在でも、何かを買おうと思ったらGoogleの検索窓ではなく、楽天やAmazonの検索窓を使うだろう。すべての情報を検索エンジンで探すのは、ムリがあるのだ。世界に散らばるウェブサイトがどんどん集約されていき、ショッピング、ニュース、スポーツ、エンターテイメント、学術など、大きなカテゴリでプラットフォームが出きてしまえば、そのときにはもはやGoogleは必要なくなるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です